鳴り物基本スタイル

鳴り物には基本的に「男着付け(着流し)」と「女着付け」のスタイルがあります。

男着付けは、頭にはちまき、ゆかたの下には肌着に短パン、足元は足袋とセッタが基本。

女着付けは、編笠をかぶり、帯は黒、ゆかたをからげてすそよけ(おこし)を巻く。 手元には白い手甲、足元は草履が基本的なスタイルです。

鳴り物衣装に必要なアイテム

■男着付け ※↓アイテム名をクリックすると商品ページへ移動できます。

ゆかた

メーンとなる衣装。オリジナルのデザインで衣装を作る連が多い。

肌着

素肌の上に着用する。汗取りの役目。他に晒(さらし)・はらまきなど。

短パン

太ももにぴったりそうものが粋。他に股われバッチなど。

角帯

男着付け用の帯。様々な色柄があり、連により揃えられていることが多い。

男締め

衣装が着崩れしないように帯の下に締め、衣装を固定させる紐。マジックテープ式と紐タイプがある。

はちまき

男着付けの必需品。鳴り物は手拭いを頭に巻くのが主流。他は、ねじりはちまきなど。

足袋

ネル裏足袋が主流。阿波踊り用に底にクッションが入ったタイプも。

雪駄(セッタ)

黒い鼻緒・白い鼻緒の2種類が定番。鳴り物は地下足袋ではなくセッタを履くことが多い。

印籠

腰にさげる飾り。大きさによれば、小銭・タバコ・薬などが入る。種類は連により揃えられている場合も。

■女着付け ※↓アイテム名をクリックすると商品ページへ移動できます。

ゆかた

メーンとなる衣装。オリジナルのデザインで衣装を作る連が多い。

半襦袢

片肌を脱ぐ着付け方をする場合は必須。片肌を脱がない場合は基本的に不要。

すそよけ

「おこし」・「けだし」とも。女踊りの象徴。阿波踊りではゆかたをからげて、下半身はすそよけを見せる着付け方をする。

すそ下

すそよけの下に着用する肌着。なくても可。

手甲

女踊りの必須アイテム。素肌を見せないようにするもの。ぴったりと肌にそうものが美しい。

編笠

女踊りの象徴。編笠にひもを通し、粋に上品にかぶる。

笠ひも

編笠に取り付けるひも。顎に掛けて装着する。白・ピンク・赤などの色がある。

笠枕

角度をつけて編笠をかぶるための台。編笠を美しくかぶるための必須アイテム。

黒朱子帯

女踊りの黒い半巾帯。この帯を「三ツ花結び」という結び方で締める。

帯締め

黒い帯の上に鮮やかな色を飾る。三ツ花結びを固定する必需品。

帯上げ

黒い帯の上に鮮やかな色を飾る。ボテ(帯枕)を包んで結ぶ。

前板(帯板)

帯を締める際に、胴の前部分に着用し、前帯のシワを防ぐ。帯の胴をすっきり見せてくれる。

ボテ(帯枕)

三ツ花結びにする際に、結び部分をふっくらと立体感を出すためのもの。

コーリンベルト

ゆかたや襦袢の衿元を合わせて留め、着崩れを防ぐ。激しく踊る阿波踊りでは、必需品。

帯金具

帯をはさんで締りを固定。固定することで帯自体を結ぶ必要がなくなる為、帯を傷めることなく1人でも楽に着付けられる。

伊達締め

衣装が着崩れしないよう胸元やおはしょりを押さえ、しっかり固定させる。マジックテープ式が主流。

腰ひも

衣装が着崩れしないよう締める紐。ゆかたをからげる際にも使用。

足袋

ネル裏足袋が主流。阿波踊り用に底にクッションが入ったタイプも。

草履(ぞうり)

楽器を持ち演奏するため、不安定な利休下駄ではなく草履が主流。紅白の鼻緒に黒いスポンジ底の利休下駄を模した草履など様々。

肌着

素肌の上に着用します。汗取りの役目。衿付き・衿なしがある。

衿芯

衿付きの肌着やゆかた・襦袢の衿に入れる芯。衿元を美しく保つ必需品。

補正(タオルなど)

着崩れしにくく美しく着こなすために必要。タオルを入れたり、和装ブラを付けたりする。

鳴り物オリジナル衣装を作製するには

鳴り物衣装に必要なもの

139商品

おすすめ順 価格順 新着順

139商品 1-45表示
139商品 1-45表示