ゆかた衿付き肌着半襦袢などの衿元を合わせて留め、着崩れを防ぐ役割を果たします。
激しく踊る阿波踊りでは、着付けの必需品です。


■特徴
プラ:付けた感じやわらかく、金具に比べ衣装にそれほど形がつきません。肌当たりも優しく感じます。
金具:しっかり留まり、安心。プラに比べると着付けの際、衣装がズレにくく感じます。


■ご使用方法■
写真は衿付き肌着を使用していますが、ゆかた・半襦袢も同様にご使用いただけます。

1.下前の衿を留めます。
(留める前にしっかり衿の合わせの位置を決めておくと綺麗に着付けられます)



2.左脇の身八つ口からコーリンベルトを出します。






3.背中へまわして、衣紋抜きの輪にコーリンベルトを通します。
(1の工程より先に通しておくと1人で着付ける時は楽です)
※衣紋抜きがない場合は4の工程へ。



4.上前にコーリンベルトを留めます。





5.衿の抜き具合をしっかり調整し・・・





6.完成です!


コーリンベルト(更に衣紋抜き)の使用で、後ろから見た際も美しい衿が仕上がります。

レビューはありません。